痩せ型の体型の僕がシックスパック

痩せ型の体型の僕がシックスパックを手に入れるまで

痩せ型の体型の僕がシックスパックを手に入れるまで

 

20代後半男性、身長173cm、体重55kgの僕がシックスパック(腹筋が6つに割れた状態)を
手に入れるために行った筋トレを紹介します。

 

年甲斐もなくクリスティアーノ・ロナウドの筋肉隆々な体に憧れた僕は、まず手始めに
最もオーソドックスな腹筋(クランチ)を50回2セット・2日おきに2か月間ほど続けました。

 

※クランチ・・・両足を上げ、ひじが膝につくように上体を起こす運動

 

残念なことに腹筋にほぼ変化なし。専門書やYoutube等でクランチフォームは
何度も確認しており、やり方に問題はなかったはず。

 

どうやら痩せ型の人は筋肉がつきにくいようで、
一般的な体型の人と同じことをしても中々成果を実感できません。

 

そこで、始めたのが「食事での体づくり」です。

 

痩せ型の人は、そもそも体の中に筋肉をつけるための栄養や材料が
足りていない状態なので、そこにいくら筋トレで負荷をかけても大きな効果は
見込めません。

 

筋肉の下地となる「炭水化物」「タンパク質」「ビタミン」を
とにかく摂取することが必要なのです。

 

毎日ご飯を2〜3合食べ、肉中心の食生活に変えて、筋トレ後は
すぐにプロテインを飲む生活を1ヶ月続けたところ、自分でも驚くほど
体型が変わりました。

 

シックスパックはもちろんの事、あまり負荷をかけているつもりがなかった
肩まわりや胸筋までも大きく膨らんでいました。

 

食費ははね上がりましたが、憧れの体型を手に入れました。

 

痩せ型の人は、ぜひ食生活から見直すことをおススメします。

 

有酸素運動で運動の楽しさを知って!

 

運動が好きでも嫌いでも身体を適度に動かすことは大事ですよね。

 

運動が苦手という人が少なくないですが、運動が苦手でも
身体が動くのなら何でもやってみることをオススメします。

 

オリンピック選手になるんじゃないのだから普通にできればそれでいいのです。

 

別に特別な技ができなくても、みんなに尊敬されるような記録を
出さなくてもいいのです。

 

そんなこと考えず気楽に身体を動かしてみましょう。

 

運動をすると気持ちが良いですよ!これは汗をかくくらいまで身体を
動かしてこそ感じられるので、しっとり汗をかくくらいまで頑張りましょう。

 

でも、その程度なら誰にでもできますよね。

 

自宅で縄跳びする要領でジャンプするだけでも肌にしっとり汗をかきます。

 

やってみるととっても簡単な上に息が弾んで良い運動だと分かるはずです。

 

筋トレよりも有酸素運動をした方が運動の楽しさが分かるかもしれませんね。
エクササイズのDVDを見ながら身体を動かすこともオススメですよ。

疲労に関しては運動も必要ですが

運動をする暇もなく、暴飲暴食が日常茶飯事で、コレステロールの多い食物類ばかりを摂る人、糖分を多量に含んでいる高カロリーな食品類ばかりが食卓に並べられるという人は、脂質異常症になる危険性が高いと考えられます。
物体が歪んで見える白内障や加齢黄斑変性など、総じて年齢が原因だと指摘される目の病気は数多く見受けられますが、女の方に顕著なのが甲状腺眼症だそうです。
不規則な生活サイクルは、自律神経の働きをおかしくする要素となり、立ちくらみを誘発するのです。一番大事な就寝時間なども毎日変わらないようにして、生活のリズムを保持しましょう。
健康に毎日を過ごせている人は、健康の大切さは分からないと思います。健康の大切さにつきましては、病気に陥ってようやくのこと自覚することができるのでしょう。健康な暮らしが続くというのは、特別に喜ぶべきことなのです。
以前はアトピー性皮膚炎は、幼い子達に生まれる疾病だと捉えられていましたが、今の時代、二十歳過ぎの人でもよく見られます。的確な治療とスキンケアを実施することで、完治できる病気なのです。

くしゃみや席をするような時は、手を利用して口と鼻を押さえることが必要です。飛び散りを可能な限り拡げないようにする注意深さが、感染を抑制することに繋がることでしょう。エチケットを忘れることなく、感染症の拡大阻止に努めましょうね。
急性腎不全であれば、効果のある治療と向き合って、腎臓の機能をレベルダウンさせた素因を除去することができるのなら、腎臓の機能も改善するのではないでしょうか?
疲労に関しては、痛みと発熱と並んで、生体の三大警鐘などと言われることも多く、多様な病気で見受けられる症状です。そういう理由から、疲労を痛感する病気は、かなりあると考えられています。
普通、体温が落ちるようなことになると代謝が落ち込み、ウイルスとせめぎあう免疫力が格段に落ちてしまうのです。これ以外には、夏と比較して水分をあまり摂らないので、体内の水分量も十分ではありません。
今日でも案外と知られていないのですが、ぜんそくが恐れられているのは、命がなくなってしまう危険がある病気だからです。一年のいう期間で、およそ2000人の罹患者が、ぜんそくの発作で生命を落としていると報告されています。

喘息と申しますと、子どもに生じる病気と考えられることが多いですが、現在では、20歳過ぎに発症するケースが目立ち、30年前と比較したら、実を言うと3倍にも上っているのです。
少子高齢化によって、まったく介護に関係する人が足りていない我が日本におきまして、この後輪をかけてパーキンソン病患者が多くなり続けるというのは、やばい事案になると思われます。
パーキンソン病の初期の段階で発生する特異な症状は、手足の震えになります。その他、筋肉の強ばりとか発声障害などが現れることもあると聞きます。
膠原病につきましては、数多くある病気を指し示す総称なんだそうです。病気次第で、そのレベルであったり治療方法が違うものですが、今のところ臓器を形作っている細胞の、奇妙な免疫反応に問題があるそうです。
生活習慣病と言いますと、高血圧や循環器病などがあり、古くは成人病という名前で呼ばれていました。油っこい物の摂取、晩酌のし過ぎなど、どちらにしても普段の食習慣が結構影響します。